5.行事関連‎ > ‎5.2行事報告‎ > ‎

たま祭2018に参加

2010/09/10 1:16 に 13D多摩同窓会 が投稿   [ 2019/08/15 11:04 に更新しました ]


 平成3010月13(土)・14日(日)に「たま祭2018」が開催されました。

「たま祭」は、ほかの大学のような派手さはありませんが、日頃活動しているサークルの発表や論文の発表があり、放送大学らしさが良く出ていたと思います。

 サークル活動では、「パソコンクラブ」では名刺づくりを体験でき、「漢方クラブ」では、秋冬の薬膳や漢方薬の紹介、「古文書学習会」では、小川村の古文書を展示していました。

「ぶら多摩クラブ」と「江戸文化を楽しむ会」では、それぞれ日頃の活動マップの展示があり、「数学クラブ」では素数についての発表がありました。

また、茶道部では、椅子席でのお点前を楽しめるお茶会を開いていました。

 どのサークルも日頃の熱心な活動を感じさせる素晴らしいものでした。

 同窓会主催の卒論・修論発表会も開催され、以下の発表がありました。

アルジェリア戦争中のフランス核実験(岡本直子さん)

 現代台湾に残る日本時代の医療の足跡(沖内辰郎さん)

NHK全国学校音楽コンクールにおける課題曲の歌詞の研究(宮嵜正昭さん) 

成年後見制度に関する実務上の諸問題(青木武門さん)

⑤市民後見人を養成担当者インタビューから考える(工藤利子さん)

⑥近世三方楽所の活動実態(清水淑子さん)

どの方の発表も大変興味深く、多くの来場者が熱心に耳を傾けていました。

たま祭実行委員をはじめ、沢山の方々のご努力に感謝いたします。ありがとうございました。(酒井)